女性ホルモン低下で骨粗鬆症へのリスク

骨粗しょう症は骨が構造的にもろくなって骨密度が減り、骨折しやすくなる病気です。骨量が若い時の平均値の70%以下になった状態を言います。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

骨粗しょう症は圧倒的に女性に多い病気で、閉経を迎え女性ホルモンが減る50歳前後から増加する傾向にあります。では何故骨密度が減り骨粗しょう症となってしまうのでしょうか。

 

一見変化のない骨も新陳代謝を繰り返しています。古い骨を溶かし、その後に新しい骨を形成しています。この二つのバランスが保たれていることで骨は一定の強度を維持しているのです。

 

ここで大きな働きをしているのが女性ホルモンであるエストロゲンです。この女性ホルモンは骨の新陳代謝に際して骨吸収をゆるやかにして骨からカルシウムが溶けだすのを抑制する働きがあります。

 

閉経後女性ホルモンが減ってしまうと骨吸収のスピードが速まるため、骨形成が追い付けずに骨がもろくなってしまうのです。閉経後の女性に骨粗しょう症が多いのはこの理由からになります。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

また、骨の原料となるカルシムの摂取不足や運動不足、過度なダイエットなども骨粗しょう症のリスクがあがると言われています。では予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

食事はカルシウムの摂取量を増やすようにする事です。日本人の場合1日に必要なカルシウムの量は600mgとされていますが、閉経後では一日1000mgが必要です。

 

カルシウムが多く含まれる食品は牛乳や小魚、ホウレンソウ、大豆製品などです。またタンパク質やビタミンKは骨が作られるのを助け、ビタミンDはカルシウムの骨への吸収を助けるため、、さまざまな栄養素を摂取することが必要となります。

 

女性ホルモン,サプリ,増やす,整える

 

骨を鍛えるという意味で運動も大切です。日光の下でウォーキングなどの運動をすると骨に適度な圧力が加わり、骨が強くなります。また運動を続けると血液の流れがよくなるので、骨を作る細胞の働きが活発になります。適度に日光に当たるようにすると、ビタミンDが活性化されるので、強い骨を作るのに役立ちます。

 

初期の骨量・骨密度の減少なら食事や運動などの生活習慣を改善する事で増えてきます。しかし骨粗しょう症が進むと薬物療法を始めます。

 

現在使われている薬には骨の吸収を抑える「骨吸収抑制剤」、骨の形成を助ける「骨形成促進剤」、骨の栄養素である各種ビタミン剤などがあります。どの薬をいつからは年齢や症状の進み具合よって医師が判断します。

 

女性ホルモン製剤(エストロゲン)は、女性ホルモンの減少に起因した骨粗しょう症に有効で、骨粗しょう症だけでなく閉経後のさまざまな更年期症状を軽くする事が知られており治療に使われています。

 

>>女性ホルモンを増やすTOPページへもどる<<